いきなりステーキで短期バイトしていた僕が株価をみる

皆さんこんにちはSakuyaです。
今回は二週間だけ「いきなりステーキ」でバイトしていた僕がいきなりステーキ運営会社「ペッパーフードサービス(PFS)」の株価を見ながら勝手にいろいろ解説していきたいと思います。

「いきなりステーキ」でバイトをすることになったきっかけ

僕がいきなりステーキでバイトすることになったきっかけは「いきなりステーキからの電話」です。それは文字通り、いきなりの電話でした。

電話相手はいきなりステーキ店舗の店長さんからで内容がバイトの詳細でした。でも、「バイトしたい」とお願いした覚えはない。しかもちょうどTwitterでいきなりステーキの批判をしていたから怒られるのではないか?と、びっくりしました。

でもこれは親が知り合いの社長に頼んでその社長がいきなりステーキに掛け合ってくれたようです。

自分はバイトする必要がないとずっと言っていました。そんな中僕はアクセサリーの事業などをやってきていたのですが親がずっと「バイトしろ」「人の下で働いてみろ」と言っていました。僕の社会経験の少なさを見かねてこのような対応をしてくれたようです。

でも、そこである課題を与えられました。
それが、

店舗売り上げ5倍にする企画書を制作


そしてこの企画書をいきステの副社長に提出。よければ皆さんご存知の社長に見てもらえると。

こういった経緯で2週間のバイト生活が始まります。かなり異色だと思いますが、普通のバイトとは違う視点で見ていたので面白い内容になっていると思います。

いきステの原価率の話ってほんと?

結論から話すと「本当」です。

実際に店長さん教わりながら原価率計算をしてみました。そしたら実際に5割以上でした。中には7割近い商品もありました。

ですのでいい肉を提供しているのは事実なんだと思います。でもいい肉も調理の仕方によってはダメになってしまいますよね?
次は「いきなりステーキ」の改善点を勝手に解説していきます。

いきなりステーキの改善点

僕は企画書を書くにあたってしっかりいきなりステーキのユーザーになっていますし、今ではいきなりステーキが好きです。そんな僕が勝手に改善点を書いていきます。

店舗によって味が違う

僕が何店舗か食べ比べて思った事が味が違う事です。味はチェーン展開するにあたって守らなきゃいけない事だと思います。どこでもその味が食べられなければなりません。

でも、店舗によってレアの焼き加減が違ったり、塩をかけ過ぎていたりとばらつきを感じました。これの原因は店舗の急拡大により「ステーキマイスター資格認定者以外の調理」が原因だと思っています。ステーキマイスター資格とはいきなりステーキ独自の社内資格のようなもので、一定の基準を満たしたステーキマイスター資格認定者しか基本肉を焼く事しかできませんでした。

この制度のおかげで美味しいお肉をお客様に提供できていたのだと思います。
ですので初心に帰ってテーキマイスター資格に力を入れて欲しいです。

運営側の迷走

これが一番の問題だと思っています。いきなりステーキは最初、立ち食いで提供することによって回転数を上げる「薄利多売」のビジネスでした。

しかし、座席などを用意してファミリー層を呼ぼうとしました。そうするともちろん回転率は落ちますよね?そうなると値段を上げるなりしないと厳しくなります。

あとはステーキ以外の販売。
極付は「水大福」だと思います。あれが発売するに至った理由は社長が水大福を食べて「これうまい!全店舗で販売する!」と言った理由です。あんなのわざわざいきなりステーキで食べたいと思いますか?

そもそも売る商品を増やすと販路を確保するのにお金や時間がかかります。何よりも従業人が大変なです。まとまってもないマニュアルを渡され大変なのは従業人なんです。オペレーションがたくさん増えると従業員にすごい負担がかかりそうすると料理にも影響が出てきてしまいます。ですので運営はしっかりまとめて下に回すべきだと思います。

僕が運営の株価を見て思うこと

実はいきなりステーキは「いきなりステーキ」という会社名ではありません。ペッパーランチなども運営している「株式会社ペッパーフードサービス」という会社名(以降PFS)です。

そんなPFSの株価が大変なことになっています。

上のチャートは週足です。まさに落ちるナイフのようですね。でも一時は8000円を超える値上げを見せています。400円の時に買っていたら20倍!

夢ある銘柄ですね。

↓これは日足です。

日足で見るとここら辺は揉んでいます。理由としては爆上げ前の買いがちょうどこの辺あたりで入っているからだと思います。でも、356円あたりのサポートを抜けたらさらに落ちるのではないかな?とみています。

まあ理由は運営に対しての不信感と飽きられているのが原因だと思います。
僕は社長が辞めて副社長を社長にして、初心に帰った運営をしたら株価は戻してもいいのでは?と思っています。あとは、今文集砲とかいろいろ評判が悪いんでその波が過ぎ去るのを待つばかりだと思います。

今、いきなりステーキ含め飲食業界がコロナによって大打撃を受けています。
ここが正念場だと思います。ぜひ耐え抜いてがんばって欲しいです。

最新情報をチェックしよう!
>Twitterでも発信中!

Twitterでも発信中!

僕のTwitterでは相場についてや、独り言を呟いています。ぜひチェックしてみてください!!

CTR IMG